2019年10月13日更新

増加する吐き気の原因はストレス?

吐き気をうったえる患者さんはとてもおおいものです。
吐き気は、医療的には、胃に不調がある場合に起こりうるものですが、そのような場合でなくても、吐き気がおそってくることがあります。
それは、現代特有のストレス社会が原因であると言われています。
これはなぜかというと、人は緊張したり、過度のストレスやいじめなどが起こると、胃に大きな負担がかかります。
吐き気がする女性よく医療的にも言われる、胃腸炎などは、ストレスが原因でなっている人もいるのです。
それとは別に、ストレスとは関係なく、冬場、医療の現場でとても注意がされているノロウイルスやインフルエンザなどでも吐き気の症状がでるものです。
まとめると、ストレスによる吐き気の場合と、インフルエンザやノロウイルスなどの病原菌による吐き気などの、いろいろなことが原因で、このようなことが起こってしまうのです。
インフルエンザやノロウイルスなどは、人が多い場所に出かけると、感染が広がる、そのように言われています。
また、手洗いうがいが大事である、そのように言われていますが、特に小さなお子さんの場合には手洗いうがいがきちんとできていなかったり、大人でも、おこなったつもりでも、上手に手洗いやうがいが出来ていないことが多いものです。
そのため、このような吐き気などがストレス以外にもおこってしまう、病原菌によってもたらされてしまう、そのような悪い循環ができてしまっています。
まとめをおこなうと、このような現代社会特有のストレス、いじめ、辛さ、心の疲れ、このようなものが、総じてまとめとなり、吐き気をもたらすと同時に、医療的に対策がおこなわれているノロウイルスやインフルエンザ、風邪などでこのような症状が起こってしまうのです。