2019年11月17日更新

医療の現場でも説明される善玉菌を増やす食事内容

医療の現場では、自分の力で健康になることの大切さを教えてくれます。
たとえば食事について、その内容が健康を左右することになりますので、注意が必要です。
病院等の医療の場でなくても、書籍やインターネットなどで、健康に関する情報を入手することが出来ます。
こういった記事は、多くの場合、病院の医師が書いていますので、医療の現場で説明を受けたことと近い感覚で理解が出来ます。
たとえば腸内環境を整えることは、健康にとってとても大切なことです。
そのためには、善玉菌を多く含む食物を採ることを習慣にします。
善玉菌を増やすためには、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を摂取することが必要です。
ヨーグルトビフィズス菌が含まれる食品は、ヨーグルトや乳酸菌飲料などです。
重くて食べにくいものではありませんので、毎日の食事に少し加えることで、手軽に善玉菌を増やすことにつながります。
また、ぬか漬けやキムチなどの発酵食品にも、乳酸菌が豊富に含まれています。
簡単にぬか漬けが出来るセットも販売されていますので、こういったものを使ってぬか漬けを作ると、野菜をとても美味しく食べることが出来ます。
野菜の本来の味が味わえることから、野菜好きになるため、充分な食物繊維が摂取され、腸内環境が良くなっていきます。
味噌や納豆、低温殺菌牛乳、チーズなども善玉菌を増やしてくれます。
日本人の好きな和食のメニューをよく食べている場合は、善玉菌がある程度増えています。
しかし、脂っぽいものを好む場合は、悪玉菌が増えていくことになりますので、善玉菌を増やすような食品を毎日摂取することが大切です。
食事内容は、好みも反映されますので、無理のないメニューを考えます。
善玉菌が増えるような食品を使用して、美味しく味わえるような、献立内容を考えることも必要となります。